読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唯物是真 @Scaled_Wurm

プログラミング(主にPython2.7)とか機械学習とか

ABCのA問題を早解きしたい / AtCoderで提出するときに自動で言語選択してくれる野良Chrome拡張を作った話

前に競技プログラミングのAtCoder Beginner Contest(ABC)のA問題の早解きに挑戦しようと思ってタイトルのような拡張を作ってました
AtCoder (アットコーダー)では、なぜか各回の最初の提出時にプログラミング言語を毎回選択する必要があります
コンテストの途中からは覚えてくれていたような気がするので、ドメインが違うからとかなのかもしれませんが、早く覚えてくれるようになって欲しいです(最近の動作は確認してない

Chrome拡張の内容は提出ページに行ったら言語(Python)を選択するだけです

(function() {
  'use strict';
  var language = 7;
  $('.submit-language-selector').val(language);
  $('#submit-task-selector').change(function(){$('.submit-language-selector').val(language);})
}).call(this);

結局は問題を読む速さとかコードを読む速さとかで全然勝てていないのですが……

検索してみたら、ABCではありませんが、3秒で解いてる例があったりして闇の世界ですね……

時間があったら問題文から自動で入力の読み込みの部分を自動生成するのを作りたいなーと思っていたのですが時間がなくて作れていません(ルール的にはどうなんだろう
理想的にはABCのA問題の問題文を読み込ませたら、自動で出力まで書いて欲しいのですが……

最近は適当によくある入力処理みたいなのをコピペして使ってます

# -*- coding: utf-8 -*-
import math,string,itertools,fractions,heapq,collections,re,array,bisect

def s():
    return raw_input().strip()
def n():
    return int(raw_input())
def d():
    return float(raw_input())

def ls():
    return raw_input().strip().split()
def ln():
    return map(int, raw_input().strip().split())
def ld():
    return map(float, raw_input().strip().split())

def fs():
    return [raw_input().strip() for i in xrange(input())]
def fn():
    return [int(raw_input().strip()) for i in xrange(input())]
def fd():
    return [float(raw_input().strip()) for i in xrange(input())]


a = s()
b = s()
#a = sorted(ln())
#a = ln()

print a if len(a) > len(b) else b
-->